脱毛のメリット

脱毛をした事の無い人がエステやクリニックに行くことはとても勇気がいるでしょう。
そのため、カミソリや毛抜きによる自己処理で済ませてしまうという人も多いのではないでしょうか。

自分での処理は大変

しかし、自己処理は肌を傷める原因となります。
脱毛に二の足を踏んでいる方へ、自己処理を続けることのデメリットと脱毛することのメリットを紹介します。

まず、自己処理についてです。

電気シェーバーなら比較的肌を傷めずに済みますが、あまり深剃りできません。
そのため、カミソリや毛抜きで処理をします。

デメリットがいっぱいの自己処理

その行為が肌を傷めているのです。

カミソリで毛を剃る時に肌の角質も一緒に剃ってしまっているので、その部分が乾燥してしまい、それを繰り返せばどんどん肌は傷みます。
また、毛を抜くと、抜いた毛穴の部分から菌が入りやすくなります。
炎症が起きやすくなったり、皮膚が引っ張られるので鳥肌のような状態になってしまったりします。

このように、せっかくムダ毛を処理しても肌が傷んでしまっては意味がありません。

サロンやクリニックのメリット

次にエステやクリニックでの脱毛のメリットを紹介します。
脱毛は自己処理のように即効性がありません。

光脱毛なら肌にやさしい

また、何回も通わなければいけないのも煩わしいかもしれませんが、肌には優しい方法です。
カミソリや毛抜きとは違い、毛根の細胞にアプローチして、回数を重ねることにより毛が生えてこないようにします。

また、毛には生える周期があり、その周期や一人一人の肌に合ったケアや施術をしてくれるため、肌トラブルもほとんどありません。

一度完全にムダ毛を無くしてしまえば生えてくることはありませんので、ずっと自己処理を繰り返して肌を傷め続けるよりは、時間はかかるけれども肌にやさしい脱毛の方がより効果的です。

ミュゼ 全身脱毛

自宅で使える脱毛器の仕組みと効果

最近では家庭で使える市販の脱毛器の人気が高まってきました。
家庭で脱毛器を使って脱毛するメリットを挙げると以下の通りです。

  • 日時や場所を選ばずに自分のペースで自分のやりたい箇所を気軽に脱毛出来る
  • 他人に施術してもらうのが恥ずかしい場所も出来る
  • エステやクリニックより比較的安価
  • 使い方さえ間違えなければカミソリで自己処理するよりも肌を傷めにくい
では、脱毛器にはどのような種類があるのでしょうか。
主に以下の3つが挙げられます。
  • サーミコン式脱毛器
  • レーザー式脱毛器
  • フラッシュ式脱毛器

痛みが少ないサロンの脱毛

最も安価なものはサーミコン式脱毛器ですが、熱したワイヤーを使うため、やけどや肌を傷めるリスクがあります。
また、レーザー式脱毛器も痛みが強く高価なため家庭用には不向きです。
現在一番流通しているのはフラッシュ式脱毛器で「ケノン」が有名です。

価格はサーミコン式脱毛器よりも高価なものが多いのですが、他の方式の脱毛器に比べて肌を傷めるリスクが低く、痛みも感じにくいのが特徴です。

しかし、脱毛器といってもピンからキリまであり、中には簡易的なものもあります。そのため、しっかり選んで購入しないと思った通りの効果が得られない場合があります。

また、エステやクリニックではしっかりと研修を受けた方が施術してくれますが、自宅で行う場合は自己責任です。使い方を誤るとホクロを焼いてしまったり、肌を傷めたりする原因となります。自分の肌に合うかどうかも購入前にしっかりと検討しなければなりません。

さらに、すぐに効果が表れるわけではないため、根気よく続ける必要があります。
このようにとても魅力の多い脱毛器ですが、デメリットや特性をしっかり理解した上で購入しましょう。

脱毛ラボ 照射し直し


このページの先頭へ戻る