クリニック脱毛の仕組み

数ある脱毛方法の中に「クリニックのレーザー脱毛」があります。

美容クリニックで行う医療行為のレーザー脱毛です。
かつて、クリニックで行われていた脱毛は電気針で1本1本抜いていく方式が主流だったため、時間がかかる上に脱毛前に毛を伸ばしておく必要がありました。
現在のレーザー脱毛の仕組みは、脱毛する箇所にレーザーの光を当てると毛や毛根のメラニン色素に反応してレーザーの熱が伝わるので、その熱で毛の細胞にダメージを与えて生え無くしていく方法です。

エステで一般的に行われているフラッシュ脱毛と仕組みはほぼ同じです。
ただし、光の当て方が異なり、レーザー脱毛の場合は毛の生えている部分にだけ光を当てるので肌への負担が少なくすみます。

また、万が一施術中に肌トラブルが起きた時でも、クリニックには医師や看護師がいるのですぐに対応してもらえるという安心感があります。

「医療レーザー脱毛は痛みが強いのでは」という不安を感じる人は多いのですが、痛みを伴うのは事実です。
実際のところ感じ方は人それぞれですが、最近では痛みをほとんど感じない方式の機器を使用しているクリニックもあります。
また、痛みに弱い人のために麻酔を使用するクリニックもありますので、痛みが気になる場合は「どのくらいの痛みを感じるのか」「麻酔 などの痛み対策はあるのか」をしっかり確認する必要があります。

また、エステでは回数無制限や有効期限は無いのが一般的ですが、クリニックでは契約前に回数と有効期限にも気をつけたいところです。回数が多くても有効期限内に施術を受けられなければ無駄になってしまいます。クリニックによっても異なりますので注意が必要です。

このページの先頭へ戻る