エステ脱毛の仕組み

数ある脱毛方法の中に「エステの光脱毛」というものがあります。

 

主に「フラッシュ脱毛」「S.S.C脱毛」「IPL脱毛」などと呼ばれています。

 

サロンの施術風景

エステサロンによって使われている脱毛器の種類が異なるため様々な呼び方がありますが、これらは全て「光脱毛」です。

 

呼び方は違いますが、脱毛の仕組みは同じです。
脱毛したい箇所に専用のジェルを塗り、光を当てます。

 

その光がメラニン色素に反応することで毛の細胞に熱が伝わり、ダメージを与えて脱毛していきます。
それを毛の生える周期に合わせて繰り返し行い、生えてくる毛の量を減らしていく脱毛方法です。

 

光脱毛はクリニックで行われているレーザー脱毛と基本的な原理はほぼ同じですが、光の強さが弱いため痛みは少ないです。また、直接肌に熱や刺激を与えるわけではないため、肌トラブルのリスクが低いのも特徴です。

 

ミュゼのキャンペーン

エステで使われている光脱毛器は市販されているものもあり、商品によってはとても安価なものあります。
しかし、安価な反面、光の出力が弱く効果が出ないものや、自分で施術することによって肌を傷めるリスクがあります。一方エステでは、しっかりと研修を受けたスタッフが対応するので、自己処理をするよりは安心です。
エステの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛の違いは、光の強さです。

 

レーザー脱毛の方が当てる光は強く、細胞組織を焼き切るので効果が出るのが早い上に脱毛効果も上です。個人差はありますが、光脱毛の場合は光が弱い分、数年後にまた生えてくるといった可能性があります。

 

それを事前に知った上で脱毛方法を選択する必要があるでしょう。


このページの先頭へ戻る