ワックス脱毛の仕組み

数ある脱毛方法の中に「ワックス脱毛」というものがあります。

 

脱毛用のワックスは市販もされていますが、ここではエステのワックス脱毛について紹介します。

 

一般的に日本で有名なワックス脱毛は「ブラジリアンワックス脱毛」です。主にVラインなどのデリケートゾーンに対して行われている脱毛方法です。有名映画に登場したことで広く認知されるようになりました。

 

ワックス脱毛の方法は、脱毛したい箇所にワックスを塗り、はがすと言ういたって単純な方法です。ワックスをはがす際に粘着力を利用して、毛を一緒に抜いていきます。
すぐに毛を無くす事が出来ると同時に、古い角質も除去することが出来るので肌がつるつるになるとも言われています。
また、使用されているワックスは、エステサロンにより違いはありますが、一般的に天然素材の物を使用しているので肌にはとても優しいです。

 

このように書くと、「自己処理でワックス脱毛をするのと同じではないか」と思われるかもしれません。しかし、自己処理の場合、脱毛前 後のケアやワックスのはがし方によっては肌を傷めるリスクがあります。
ですので、ワックス脱毛をするのであればエステでしっかりカウンセリングを受けた上で行う事をお勧めします。ワックス脱毛は、即効性はあるものの、永久脱毛ではないという点がデメリットです。

 

続けることで毛質は柔らかく変わるかもしれませんが、必ずまたムダ毛が生えてきます。
そのため、完全にムダ毛をなくしたい場合はエステの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛の方がお勧めです。

 

また、施術時に必ず痛みを感じます。痛みの強さは毛根の生え方の強さや皮膚の薄さによって、人それぞれですので中には痛みを感じない人もいますが、毛がしっかり生えていたり皮膚が薄かったりすると痛みが強い傾向にあります。

 

このようなデメリットも理解した上でワックス脱毛を利用しましょう。


このページの先頭へ戻る